三匹のおっさん (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋 (2012年3月9日発売)
4.14
  • (2023)
  • (2398)
  • (948)
  • (126)
  • (22)
本棚登録 : 18162
感想 : 1661
4

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。
痛快活劇シリーズ始動。
ゲーセンの売上金の強盗、悪質な詐欺、結婚詐欺、動物虐待犯などを凄腕の三匹のおっさんが成敗する痛快さ、祐希と早苗の甘酸っぱい恋、キャラクターの心理描写も丁寧で、痛快な後味の小説に仕上がっています。
祐希がキヨにファッション指南したり、母親のパート先の人間関係の悩み事の相談に乗ったり、世代間の交流が丁寧に描かれ、共感しやすいです。北大路欣也さんたち主演のドラマも、面白いです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2023年1月19日
読了日 : 2023年1月19日
本棚登録日 : 2023年1月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする