ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

3.66
  • (335)
  • (518)
  • (728)
  • (70)
  • (11)
本棚登録 : 4829
レビュー : 456
著者 :
だまやんさん 小説・日本   読み終わった 

少し前はこういう文学はなかなか読めない人間だったはずだけど今はさらりと読むことができるようになったなぁと思う。それがどういうことなのかっていうのはよくわからないけれども。

これから『走れメロス』を扱うにあたって、他に『人間失格』くらいしか読んだことがないのも何だかなぁと思って2冊借りてきてみたうちの1冊。
「親友交歓」は森見登美彦が太宰作品を集めた『奇想と微笑』で読んだことがあったもの。ラストの「威張るな!」があまりにも突然すぎていっそ清々しくてなんだか「ふふっ」と笑ってしまう。

「トカトントン」はタイトルは知ってた。そういうことか、という感じだった。いつ自分の耳にも「トカトントン」が聴こえるかとひやひやする。

他の作品の中では「母」と「ヴィヨンの妻」と「家庭の幸福」が好きというか、印象的でした。その他の作品はなんだかどれも駄目男と不憫だがたくましい妻の物語といった感じで似たり寄ったりかなと。ヴィヨンの妻もそんな話だけど。
登場する女性はみな不憫な人なのだけど、不幸そうには感じられないのが不思議です。駄目男も憎みきれないのも不思議。

レビュー投稿日
2014年8月24日
読了日
2014年8月20日
本棚登録日
2014年8月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヴィヨンの妻 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ヴィヨンの妻 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ヴィヨンの妻 (新潮文庫)』にだまやんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする