危機の大学論 日本の大学に未来はあるか? (角川oneテーマ21)

3.49
  • (9)
  • (15)
  • (23)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 128
レビュー : 25
しゅんぺい(笑)さん  未設定  読み終わった 

尾木直樹(めっちゃ久しぶり!)さんと諸星裕さんの対談本。
タイトルの通り、テーマは大学について、です。
今現在ある大学、ひいては教育の分野における問題点をさらっと確認できる。
あまり深められていないので、筆者たちの提言がどれくらい現実に適っているのかは疑問ですが、それをおいておくと、いい本です。
大学の入試、入ってからの四年間、そして卒業、就職と、それぞれの内容が形だけのものになってしまったら終わりだと思った。その辺は、学生も、教える側である教授たちも考えるべきところなのかなー。
これをもって、議論の叩き台にしたい。

レビュー投稿日
2012年5月2日
読了日
2012年5月2日
本棚登録日
2012年5月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『危機の大学論 日本の大学に未来はあるか...』のレビューをもっとみる

『危機の大学論 日本の大学に未来はあるか? (角川oneテーマ21)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『危機の大学論 日本の大学に未来はあるか? (角川oneテーマ21)』にしゅんぺい(笑)さんがつけたタグ

ツイートする