スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

3.40
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
ひろろさん  未設定  読み終わった 

いくつか個人的に連想されるものがあった。

1つは政治の話。
普段距離を置いてしまう政治に深く関係するトピックということでよくよく考えなければいけないなぁと思うものだった。プライバシーという自分が直接関係するものであるからこそ、政治に近づく良いチャンスになりうるものだと。一方で自分はジャーナリストでもムスリムでも無い、という点ではもう一つ近づききれないところではある。
自分は狭い世界に生きているという自覚は生まれる。

2つ目は技術の話。
IT業界にいるものとして「監視」は一つの大きな技術要素でありつつも、クローズドネットワークの中でのそれは念のため、くらいの要素。リアルな意味での監視とその監督を現実的に考えることなどほとんどなかった。

レビュー投稿日
2018年9月30日
読了日
2018年9月30日
本棚登録日
2018年9月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スノーデン 日本への警告 (集英社新書)』のレビューをもっとみる

『スノーデン 日本への警告 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする