子供の頃、年に1回、ボードゲームを買ってもらうのが楽しみだったが、国産ゲームになんか違うなと思いながら遊んでいた記憶。モノポリー、スクラブルを知るのは高校生になってからだった。こういう情報と環境があったらもうちょい幸せだったな。

2018年5月26日

読書状況 読み終わった [2018年5月26日]
カテゴリ ゲーム

麻耶雄嵩に期待する、イヤミスならぬ鬱ミスの趣は無く、軽いタッチの女子高生探偵コンビもの。この路線を続けるのだとすると、持ち味を無くしてしまうのではと懸念。周ロック・ホームズ。
他レビューを見ると、NHKの犯人当てドラマの企画作品なのだとか。ならば、この遠慮っぽさ、置きに行った感もわかる。第3話はまぁ味が出てるとはいえるが、こんなもんじゃないだろ。

2018年5月26日

読書状況 読み終わった [2018年5月26日]
カテゴリ 小説(ミステリ)

読書状況 読み終わった [2018年5月24日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月22日]
カテゴリ 歴史

読書状況 読み終わった [2018年5月22日]
カテゴリ ゲーム

読書状況 読み終わった [2018年5月20日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月20日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月20日]
カテゴリ 美術

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ 科学

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ 科学

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ マンガ

自分、ゲーム小説好きだなと気づいた一冊。ゲーム的小説ではなく(ビデオ)ゲームそのものを題材にした短編集。ケン・リュウ、アンディ・ウィアー、桜坂洋と豪華ラインアップだが、それ以外の作品も刺さる。テキストアドベンチャーを題材にした剛の者も。現実と異なりゲームの中には必ず解があり、でもやはりある意味現実で。

2018年5月19日

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2018年5月17日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月17日]
カテゴリ マンガ

雪の結晶のような言葉は、遠い昔、小山田いくを初めて読んだ時の。泣きたくなるのではなく、胸が痛いのに暖かい。

2018年5月16日

読書状況 読み終わった [2018年5月16日]
カテゴリ マンガ(要紹介)

読書状況 読み終わった [2018年5月15日]
カテゴリ 歴史

読書状況 読み終わった [2018年5月14日]
カテゴリ マンガ

「御神楽少女探偵団」を思い出すような、コテコテの設定とコテコテの活劇、続編への含みも含めて。ミステリというよりは小学生向け冒険活劇の類だが、気軽に読める。5.5

2018年5月14日

読書状況 読み終わった [2018年5月14日]
カテゴリ 小説(ミステリ)

読書状況 読み終わった [2018年5月14日]
カテゴリ マンガ

読書状況 読み終わった [2018年5月12日]
カテゴリ 科学
ツイートする