マンガ蟹工船

制作 : 白樺文学館多喜二ライブラリー 
  • 東銀座出版社 (2006年11月7日発売)
3.40
  • (4)
  • (5)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 14
2

結論ありきの取材は今のマスメディアと同根。作品が、手塚治虫「シュマリ」のような、人間の尊厳に対する怒りではなく、アジテーションをしたいがための手段にしかなっていない。
現代人のリテラシーならこれを読んで感化されるようなことは無いはず、と思いたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: マンガ
感想投稿日 : 2014年7月19日
読了日 : 2014年7月19日
本棚登録日 : 2014年7月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする