日本辺境論 (新潮新書)

3.82
  • (354)
  • (679)
  • (385)
  • (80)
  • (26)
本棚登録 : 4891
レビュー : 611
著者 :
dannyboyさん  未設定  読み終わった 

構造主義的知見に基づき、地政学を念頭に置いた日本人論を展開する本。

後の著作に見られる、「師匠と弟子」論の原型が見られたことが興味深い。日本が辺境であるが故に、日本人は師匠なるものにオープンマインドになることができ、学びの効率を極限まで高めてこられた、という主張は後の著作でも一貫している。

レビュー投稿日
2016年6月9日
読了日
2016年6月9日
本棚登録日
2016年6月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本辺境論 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『日本辺境論 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする