下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)

3.05
  • (2)
  • (9)
  • (20)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 146
レビュー : 18
daydさん  未設定  読み終わった 

在日への過剰な批判の原理は移民排他主義と同じで、今の社会で満足できていないことや今後パイが奪われることへの危機感から生じている。ゆえに、経済成長が停滞した国でリベラルは食えない理想でしかない。
8年ほど前にプレカリアートの憂鬱を読んだ時も色々感慨深かったが、8年経った今、より質感もくっきりと伝わってくる現実となってしまっている。
ここまできたら、やはり日本に固執する必要はないんじゃないか。出ていける者は出て行ってしまった方が良い。この社会では見捨てられてなんの改善も見込めないことはわかりきっているのだから。

レビュー投稿日
2017年6月28日
読了日
2017年6月28日
本棚登録日
2017年6月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書...』のレビューをもっとみる

『下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする