哲学の誤配 (ゲンロン叢書)

3.75
  • (5)
  • (16)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 188
レビュー : 11
著者 :
walkalongさん  未設定  読み終わった 

「新対話編 東浩紀対談集」と共に購入しました。

本書は、著者の本が韓国で出版されるに当たって、翻訳者が韓国の読者に向けて行った著者インタビューと著者が韓国で行った講演を収めたものです。

韓国と日本では社会状況が異なる(特に政治への意識)ため、暗黙の共通感覚がない状態でのインタビューになります。そのため、著者も一から説明することになり、結果として著者の理論がより明確に説明されます。「当然言わなくてもなくて分かるだろう」という部分について、納得してもらえるように回答しなくてはならないので。

著者の言う「観光客」という立場の重要性の実践のような本でした。

レビュー投稿日
2020年5月23日
読了日
2020年5月17日
本棚登録日
2020年5月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『哲学の誤配 (ゲンロン叢書)』のレビューをもっとみる

『哲学の誤配 (ゲンロン叢書)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする