名探偵カッレとスパイ団 (岩波少年文庫 123)

  • 岩波書店 (2007年5月16日発売)
4.11
  • (22)
  • (10)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 159
感想 : 16
5

カッレくん第三弾

カッレくんたちはバラ戦争のために夜中にこっそり家を抜け出した。
しかし誘拐の現場を見てしまう⁉︎
エーバァ・ロッタは隙を見て助けようとして一緒に誘拐されてしまう⁉︎
果たしてカッレくんは誘拐犯を捕まえることができるのか?それともできないのか?

面白かったです。
カッレくんって続きあるのかな?
読みたいなー(笑)
ドキドキしたりワクワクしたりで感情が大変だった(笑)
リンドグレーンさんは良い本いっぱい書いてるよね。ぼくはそう思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年10月21日
読了日 : 2020年10月20日
本棚登録日 : 2020年10月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする