完本 酔郷譚 (河出文庫)

4.16
  • (14)
  • (15)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 16
著者 :
debuipipiさん 1980年代以降の小説   読み終わった 

倉橋由美子の多分最終作.
初出はサントリークォータリー.
桂子さんの孫の慧君が,謎のバーテンダー九鬼さんのつくる怪しいカクテルを飲んで,時空を超え,歓を尽くす,というお話たち.歓のつくし方がまた単純でなく凝っている.
どれも味が濃くて,なかなか一気読みできない.一年弱かかって,長すぎるこの連休にようやく読了.

レビュー投稿日
2019年5月5日
読了日
2019年5月5日
本棚登録日
2018年8月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『完本 酔郷譚 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『完本 酔郷譚 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする