マリーについての本当の話

  • 講談社 (2013年11月28日発売)
2.89
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 69
感想 : 5

「愛しあう」「逃げる」の続編。
別れたマリーとぼくの再会。ずっとぼくの視点ぼくの独り語りで、別れていた間のマリーに起こった事を夢の中で見ているように鮮明に語り続ける。
三作目にしてますます不思議。
飛行機に乗せようとした馬の逃走劇が延々と繰り広げられたり、これは一体何の話なんだろうと。
読み終えると「マリーについての本当の話」というタイトルが非常に意味深に思える。
ポリスの「見つめていたい」という曲を思い出した。
四作目はまだ日本語版が出てないみたい…次はどうなっているのか気になってしょうがない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学 フランス語
感想投稿日 : 2017年4月7日
読了日 : 2016年3月23日
本棚登録日 : 2017年4月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする