偶然 帆船アザールの冒険

3.30
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
麦さん 文学 フランス語   読み終わった 

男には終わりへの、少女には始まりへの出発だったように思える。
まるで孤独と悲しみを引き連れた航海だけれど、なんとキラキラとして美しい。
凪状態に入って進まなくなってしまった船でのクリスマス。
そして風が吹き、再びアザールが動き出す場面に興奮し胸が高鳴った。

「アンゴリ・マーラ」も、生々しくもまた美しい。
自然は深くとても神秘的で、夜の雨の滴るしっとりとした森のイメージが広がる。

レビュー投稿日
2017年3月17日
読了日
2016年9月9日
本棚登録日
2017年3月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偶然 帆船アザールの冒険』のレビューをもっとみる

『偶然 帆船アザールの冒険』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『偶然 帆船アザールの冒険』に麦さんがつけたタグ

ツイートする