エンドロール (PAPER PAPER/シネボーイ)

2.80
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
麦さん 文学 日本(随筆、エッセイ)   読み終わった 

なぜこの本を買ったのか解らないが、買ってしまった。

好きなのは、まちゃひこ×大滝瓶太さんの『天の川の彼岸まで』と、潮見惣右介さんの『美しい予感』。

特に『美しい予感』の冒頭3ページが素敵だ。きっとそれを読むためにこの本を買ったんではないかと感じたほど。

自分の空想に密かに興奮する少年。空想ってどことなく背徳的で、背徳的なものはなにかしらエロチックである。

赤い絵の具と重い雨雲が、渦を巻いて同じ模様を成しているよう。

模写は正確に描くものほど嘘だろう。その人が本当に見えているものを決して描かない。

“幸福の予感”ではなく“美しい予感”というのがいいです。

レビュー投稿日
2019年1月2日
読了日
2019年1月2日
本棚登録日
2019年1月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エンドロール (PAPER PAPER/...』のレビューをもっとみる

『エンドロール (PAPER PAPER/シネボーイ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする