できそこないの男たち (光文社新書)

3.85
  • (131)
  • (233)
  • (179)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1454
レビュー : 232
著者 :
dekadannaさん 本・雑誌   読み終わった 

さすが福岡さんの本。格調高い文体で、科学の世界の競争のダイナミズムを描き出し、わくわくしながら一気に読み切った。内容的には難しい生物学の本と思うが、それを感じさせない文章と思う。
男は女から作られたというキリスト教では受け入れられそうもない思想であるが、欧米人はこの事実をどう受け容れるのだろうか?非常に不思議だ。
しかし、福岡さんの本を読むと、生物学の世界に入りたいと思ってしまう。
-------------
bookloversで本人より紹介
DNAから見た男の姿(弱さ)を紹介しているとのこと。

レビュー投稿日
2018年11月12日
読了日
2010年3月21日
本棚登録日
2018年11月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『できそこないの男たち (光文社新書)』のレビューをもっとみる

『できそこないの男たち (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『できそこないの男たち (光文社新書)』にdekadannaさんがつけたタグ

ツイートする