10年後の仕事図鑑

3.58
  • (109)
  • (287)
  • (263)
  • (61)
  • (9)
本棚登録 : 3250
レビュー : 372
deki0958さん  未設定  読み終わった 

「公務員の仕事はほとんどいらない」
まあ上辺だけの公務員像でいうと合ってますよね。
個人的には残る仕事も多いと思いますが確かに窓口業務はマイナンバーを使った電子申請にシフトしていく必要があると思います。
少子高齢化の現在において優秀な若者を「異動」という運不運で機械で十分代替できる仕事につけておくのはナンセンスです。

ただ戸籍業務1つとってもただ謄本を発行しているだけの仕事ではないんですよね。
法律に基づく解釈が必要なので
「半人力半AI」
にして特殊な対応にアラートを出して対応できる職員が必要になるんやろなと思います。
まあそれすら法律や判例の運用をAIで機械学習していけば自動化されていくのかもしれませんが。

「AIの社会は奴隷制のない古代ローマ」
にせなあかんねやと思います。
まずは企業と労働者のミスマッチの解消が必要で海外労働者の活用はその次やと思います。
人でしかできない労働力は日本人で確保しつつAIによる機械化で全体的に労働力を確保する道を求めないといけないように思います。
海外労働者を日本人のイヤな仕事を押し付ける扱いはやめにしないといけないと思います。

「貨幣中心の経済から信用中心の経済へシフトしていく」
「Uber化」と「くら寿司化」
前者は仕事は会社に世話してもらうのではなく自分でとりにいくもの
後者は効率化できる仕事はとことん機械に任せて人間ができる仕事に特化していくこと。

テクノロジーによる「進化圧」
市場による「淘汰圧」
機械にできる仕事はどんどん合理化していく前者と要らない仕事は消えていく後者で人はどんどん安くてしんどい仕事が減っていくんやと思います。
「不当に搾取されたと感じる労働者」が効率的に働けるようになる社会はすぐそこにきているのかもしれません。

少子高齢化が進む中で労働力人口はどんどん少なくなっていきます。
移民の議論も必要ですが機械化合理化の議論はもっと必要やと思います。

レビュー投稿日
2019年12月30日
読了日
2019年12月30日
本棚登録日
2019年11月26日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『10年後の仕事図鑑』のレビューをもっとみる

『10年後の仕事図鑑』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする