高村光太郎詩集 (岩波文庫)

3.82
  • (40)
  • (21)
  • (58)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 395
レビュー : 39
著者 :
デンデンムシ文庫さん  未設定  読み終わった 

道しるべのような詩人。

【いちぶん】
もう止さう。
ちひさな利欲とちひさな不平と、
ちひさなぐちとちひさな怒りと、
さういううるさいけちなものは、
ああ、きれいにもう止さう。
わたくし事のいざこざに
みにくい皺を縦によせて
この世を地獄に住むのは止さう。
この世の抜駆けはもう止さう。
さういふ事はともかく忘れて
みんなと一緒に大きく生きよう。
見えもかけ値もない裸のこころで
らくらくと、のびのびと、
あの空を仰いでわれらは生きよう。
泣くも笑ふもみんなと一緒に
最低にして最高の道をゆかう。

レビュー投稿日
2017年2月15日
読了日
2017年2月15日
本棚登録日
2017年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高村光太郎詩集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『高村光太郎詩集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする