パナソニック・ショック

3.26
  • (3)
  • (10)
  • (15)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 20
著者 :
電島電気さん 企業 / 経営 / 実業家   読み終わった 

岩瀬達哉氏の『パナソニック人事抗争史』とセットで読めば、エピソード一つとっても奥行きが出て面白いです。

コメントなど含め、三代目社長の山下俊彦氏を取り上げている箇所が多く、四代目の谷井昭雄氏、五代目の森下洋一氏についての言及は岩瀬本に及びません。米MCA社買収劇についても、岩瀬本と異なり、ほとんど紙面が割かれておらず、著者はあくまで「家電メーカー」としてのパナソニックと向き合っているように感じました。

米MCA社買収劇についての見解も、岩瀬本とは真逆の視点で、もはや松下のドタバタは「解釈が分かれる歴史上の出来事」なのだなと感じました。

レビュー投稿日
2015年8月18日
読了日
2015年8月18日
本棚登録日
2015年8月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パナソニック・ショック』のレビューをもっとみる

『パナソニック・ショック』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする