煙か土か食い物 (講談社文庫)

3.79
  • (458)
  • (446)
  • (621)
  • (67)
  • (13)
本棚登録 : 3171
レビュー : 558
著者 :
derorinnさん  未設定  読み終わった 

人は死んだら、結局「煙か土か食い物」になるってのが、本書のテーマってことはないわな。なんで、こんなタイトルつけたんだろう
。主人公は、アメリカで医者をやっている能力も金も女も不足なしの自己中。父親は政界の権力者。父親も兄弟もそろって頭の良い暴力志向の自己中なので、幸せな家庭ではない。アメリカにいた主人公は、母親が襲われたとの連絡を受け、急きょ帰国し、連続婦女傷害事件の謎をバンバン解決する。結局、裏で糸を引いていたのは、父親に虐待され、母親に裏切られて家でした二男であることが分かって、めでたしめでたし。

レビュー投稿日
2013年12月2日
読了日
2013年12月2日
本棚登録日
2013年9月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『煙か土か食い物 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『煙か土か食い物 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする