舟を編む

4.16
  • (3875)
  • (3999)
  • (1697)
  • (243)
  • (33)
本棚登録 : 24947
レビュー : 4024
著者 :
desicoさん 文学・評論   読み終わった 

本好きには堪らない小説だった。
物語の展開は先読みできる。
でも白けるのではなく、読者をちゃんと連れて行ってくれる感じ。
まわりの空気、行き先、そして乗っている人の気持ちを感じながら舟を漕いでくれてる感じ。

辞書編さんの息遣いや心意気を知った。
本書を子どもの頃に読んでいたら辞書のすばらしさをもっと感じたのかもしれない。
とても損した気分。

言葉は時と場所を越えていける。
本となって。

きっと数十年経つと紙である本は貴重なものになっているでしょう。
紙も含めての本の価値が訴求できなくなると、言葉、言葉を紡いだ物語の力がもっと必要になるでしょう。
デジタルによって音や画像、動画によってデコレーションされたとしても。

言葉の大切さを改めて私に刻んでくれた本となりました。

レビュー投稿日
2012年11月10日
読了日
2012年11月10日
本棚登録日
2012年11月10日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『舟を編む』のレビューをもっとみる

『舟を編む』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『舟を編む』にdesicoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする