考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

3.78
  • (421)
  • (443)
  • (569)
  • (61)
  • (20)
本棚登録 : 6106
レビュー : 442
制作 : Barbara Minto  山崎 康司 
desicoさん ビジネス・経済   読み終わった 

ビジネスは、顧客の関心を喚起し、信頼を獲得、その結果としての契約を勝ち取り、顧客と長期関係の維持を目指す。

一連の業務遂行において、多くの文書、プレゼンテーション資料を作成し伝達しているはずである。

その中で、論理的ではない、具体的ではないなど叱責を受けた経験も多いだろう。また部下育成のためにどのように論理的な文書手法をもって指導すれば良いのだろうかと悩ませている人も多いはずである。

本書はそんな悩みを解決してくれる一助になる。

本書はグロービス「ロジカル・ライティング」コース同様に、
・論理的な妥当性
・説得力ある表現力
・相手の立場の理解
をコンセプトにデザインされている。

私にとって、特に役に立ったのは「自分の考えを練り上げる」訓練になることであった。
内容はコンサルタントの基本スキルレベルまで達しているため、一般ビジネスパーソンにとって理解するのは骨が折れるかもしれない。
しかし一読する価値がある良書である。

レビュー投稿日
2013年5月3日
読了日
2013年5月3日
本棚登録日
2013年5月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばす...』のレビューをもっとみる

『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』にdesicoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする