ガリバー旅行記

3.91
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
著者 :
市井學人さん 900 文学   読み終わった 

 私が読んだところ、第一篇<第二篇<第三篇<第四篇、と、後になるにつれ、より面白くなっていくように感じました。
  
 第二編では、自分が小さいという危険な状態であり、スリルを感じる展開でした。
 第三編は、奇想天外な科学が登場し、マッドな発明家が色々と登場し、喜劇的でした。
 何より第四編が味わい深い。
 理性的な馬の形をしたフウイヌム人達の世界では、人間のようなヤフーが醜悪な存在として存在しています。
 このヤフー達の醜悪なこと。
 ネット上でヘイトな言説をまき散らしているいわゆるネトウヨとかネトサポとかいう連中を思い出しました。
    
 スウィフトは風刺としてこの作品を書かれたようで、作品中で色々なことを当てこすっているようですが、どういう意味なのか、解説がないと分かりかねます。
 解説書も読んでみたいと思いました。
      
 現代の日本も悪い方向に向かってすごい速さで進みつつあります。
 現代の日本を風刺した“現代日本版ガリバー旅行記”が描かれることが必要ではないでしょうか。
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20131119/p1

レビュー投稿日
2013年11月19日
読了日
2013年11月19日
本棚登録日
2013年11月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガリバー旅行記』のレビューをもっとみる

『ガリバー旅行記』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ガリバー旅行記』に市井學人さんがつけたタグ

ツイートする