「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)

3.38
  • (18)
  • (42)
  • (85)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 480
レビュー : 65
著者 :
モリゾウさん  未設定  読み終わった 

本書を読了したまさにその日、TBS「朝ズバッ!」の不二家関連報道捏造疑惑のニュースで、信頼回復対策会議議長として著者・郷原信郎の名前を発見した。まさに適任であろうと思う。不二家に対する一連の報道は、本書の中でも触れられている、メディアスクラムの構造そのものである。「法令」という正邪の境界を踏み外したと当局から判断された落伍者については、ささいなことでも針小棒大に取り上げ、よってたかって袋叩きにするという、本質論からかけ離れた報道姿勢。ささいなことでも事実であるうちはまだいいが、いつしかバッシングのネタすら捏造するという本末転倒した現象に発展する。
マスコミに限らず外形的な「法令遵守」にのみ捕らわれ、社会的要請を見誤る日本の企業社会のひずみについて、ライブドア事件や談合などの具体的な事例を挙げながら的確に指摘して、非常に有用な組織論となっている。

レビュー投稿日
2013年12月22日
読了日
2007年3月26日
本棚登録日
2013年12月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする