無責任の新体系 ──きみはウーティスと言わねばならない

著者 :
  • 晶文社 (2019年2月13日発売)
3.27
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 115
感想 : 7
1

( ..)φメモメモ
仕事で大きなミスをしたとき、上司からその帰責を問われる。誰も傷つかない唯一の答え方は「誰かがやりました」であり、その先に待っているのは「誰もがやりました」のすり替えだ。「誰」が特定できないならば、責任は拡散して、ある集団のメンバーが小さくその責めを分担することになる。責任のシェアリング、これを古い言葉で連帯責任という。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年2月2日
読了日 : 2022年2月2日
本棚登録日 : 2022年2月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする