堕落論

3.60
  • (24)
  • (39)
  • (56)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 500
レビュー : 50
著者 :
コンセントさん 日本文学   未設定

我々は規約に従順であるが、我々の偽らぬ心情は規約と逆なものである。
どのような矛盾も有り得るのである。
人間は永遠に自由では有り得ない。なぜなら人間は生きており、又死なねばならず、そして人間は考えるからだ。
人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。

レビュー投稿日
2016年1月10日
本棚登録日
2016年1月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『堕落論』のレビューをもっとみる

『堕落論』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『堕落論』にコンセントさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする