銀河鉄道の夜 (280円文庫)

3.85
  • (47)
  • (57)
  • (45)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 670
レビュー : 61
著者 :
しろさん  未設定  読み終わった 

車窓からの眺めが物語の進展とともに移ろいでいき、その描写が美しい。透き通った空気の中に、色とりどりの宝石が散りばめられたよう。無機的な美しさを感じさせられる。
一方で主人公の感情の移ろいは有機的で人間的。しかし、嫌味のある感情ではなく、誰もがいつかどこかで味わったことがあるもの。自分の子供時代を思い起こさせてくれるような、懐かしいようでいて、色褪せない物語。

レビュー投稿日
2018年6月3日
読了日
2018年6月3日
本棚登録日
2018年6月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀河鉄道の夜 (280円文庫)』のレビューをもっとみる

『銀河鉄道の夜 (280円文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする