ガラスの仮面の告白 (角川文庫)

  • 角川書店
3.15
  • (0)
  • (13)
  • (35)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 104
感想 : 9
4

前中半は、上京してSM小説で団鬼六賞を受賞した等の「いきさつ」のお話が面白おかしく綴られている。
後半の後半で、筆者に少し精神的変化があり、すこし壊れ状態となりつつも、すばらしいことを書いている。
「努力できること。才能とはこれである。」
「そして天才とは、努力を努力とは思わず、好きなことをしている、と思える人のこと。」
だとさ。ちょい感動。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 趣味の読書
感想投稿日 : 2006年3月21日
読了日 : 2006年3月21日
本棚登録日 : 2006年3月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする