充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

3.62
  • (24)
  • (46)
  • (42)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 562
レビュー : 54
制作 : 古賀林 幸 
brokenbiscuitさん 燃える文庫   読み終わった 

何かを掴もうとして走っても飛んでもあと少しで手が届きそうなのに届かない。手が届く寸前で後ろから足を引っ張られ、新たな面倒事が立ち上がり、そちらに気を取られている間に追い求めてきたものが視界からフェードアウト、結局面倒事は収まらず、疲労困憊したところにまた面倒事・・・振り回されてくたくたになりながら、結局何一つ解決しない。歩いても歩いても辿りつかない恋人の部屋。急いでいるところに追いすがってお茶でも飲んで行けと熱心に誘う幼馴染。始まらない講演会。弾けないピアノ・・・これは間違いなく悪夢の舌触り。正統派英国リアリズムを追究した「日の名残り」でブッカー賞を受賞した後の作品がこれで、イギリスの書評家諸氏は大いに戸惑ったとか。評価もくっきり二分。個人的にはこれ好きでしたけど、賞貰ったりする類のもんではないですね確かに。

レビュー投稿日
2008年2月26日
読了日
2008年2月26日
本棚登録日
2008年2月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)』のレビューをもっとみる

『充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)』にbrokenbiscuitさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする