ハルカ・エイティ (文春文庫)

3.67
  • (26)
  • (39)
  • (35)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 293
レビュー : 40
dokkingさん  未設定  読み終わった 

戦争って悲惨で暴力的で血みどろで悲哀なことばかりだけど、戦時を生きる人の生活と日常をちゃんと書いた本はあまりないと思う。

小さな喜び、友達を思う気持ち、困惑などだってあるはず。
一日100パーセント戦争のことじゃない。

空襲のあと、義母とちらし寿司を手掴みで食べて、美味しいなと思うシーンが好き。

ハルカさんは、楽しみやユーモアをより強く感じて素直に生きるのが人生のメインで、不倫や夫婦の危機は添え物みたい。
それなりに不幸もある普通の人生なのに、普通じゃなく芯からエンジョイしている。

昭和の女性の人生をスキップで駆け抜けるハルカさんは素敵です。

レビュー投稿日
2010年9月6日
読了日
2010年9月6日
本棚登録日
2010年9月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハルカ・エイティ (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『ハルカ・エイティ (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする