GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)

3.86
  • (154)
  • (250)
  • (208)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 2142
レビュー : 148
著者 :
柊龍司さん ミステリ   読み終わった 

錬金術師の仮面と正体、隠し部屋とかは割と簡単に予想できたけど、錬金術師が愚者だから仕方ないという事で。一弥、アブリル、ヴィクトリカの三人の掛け合いが面白かったから良いか。話も大きくなってきたので次巻が楽しみ。

レビュー投稿日
2011年6月10日
読了日
2011年6月9日
本棚登録日
2011年6月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁...』のレビューをもっとみる

『GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする