封神演義 (第5部) (ジャンプ・コミックス)

3.53
  • (94)
  • (42)
  • (294)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1090
レビュー : 18
著者 :
domarinさん 所有物   読み終わった 

造反した武成王を追う、九竜島の四聖との戦いが描かれる第5巻。四聖戦もその前の風林と珪芳戦もそうだが、真剣な戦闘の中でも飄々と敵をあしらう太公望が見られ、コメディチックに話が進む。「太公望の実力」という点がテーマになっている部分もあり、これまで戦いを避けるために使われてきた策が戦いの中で勝つために使われていく魅力もあるし、単純に読んでいて笑ってしまう魅力もある。
かと思えば、楊戩と哪吒、そして加わった天化の戦闘らしい戦闘で格好良さもありつつの四聖戦。分断した戦いに持ち込む流れもふくめ、魅力のある戦闘が続くのが良い。

レビュー投稿日
2018年8月5日
読了日
-
本棚登録日
2018年8月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『封神演義 (第5部) (ジャンプ・コミッ...』のレビューをもっとみる

『封神演義 (第5部) (ジャンプ・コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする