封神演義 7 (ジャンプコミックス)

3.54
  • (96)
  • (41)
  • (291)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1081
レビュー : 21
著者 :
domarinさん 所有物   読み終わった 

殷と戦う意思を示した西岐に対する各方面の反応を描く第7巻。北伯とのやり取りは非常に印象に残る一幕。太公望の策がありつつも、最終的な解決はそこではないところで成り立つことで、その存在の大きさが劇的に演出される。そしてそのままの流れで大きな変化を描き出すのだ。これ以上の構成はなかっただろう。
殷に対しては金鰲側が動いてくる。西岐の都で繰り広げられる魔家四将戦はまた絶妙な魅力がある。これまでの仲間集めの集大成として協力して戦い、その中心で太公望が策を練る。序盤から待望だった展開がついに来た、といったところか。

レビュー投稿日
2018年8月5日
読了日
-
本棚登録日
2018年8月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『封神演義 7 (ジャンプコミックス)』のレビューをもっとみる

『封神演義 7 (ジャンプコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする