封神演義 16 (ジャンプコミックス)

3.59
  • (102)
  • (40)
  • (271)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1045
レビュー : 20
著者 :
domarinさん  未設定  読み終わった 

作者自身、描きたかったから描いたが売り上げに響くかもしれないと思ってしまうほどインパクトのある表紙に彩られる第16巻。巻のタイトルに「死闘」とつけるほどの戦いが繰り広げられる。ここまで十天君に対してはほぼ犠牲なく戦いを進めてきただけに、ここでとんでもない実力をもった聞仲、というのが非常に印象づく。いくらなんでも強すぎるのでは…と思ってしまうほどの暴力的な様は鮮烈に記憶に残る。そして犠牲があることが主人公としての太公望をかえって描き出していくもので、後から振り返ってみればこの展開で本当に良かったと思わされた。

レビュー投稿日
2018年8月5日
読了日
-
本棚登録日
2018年8月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『封神演義 16 (ジャンプコミックス)』のレビューをもっとみる

『封神演義 16 (ジャンプコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする