アメイジング・スパイダーマン:シビル・ウォー

4.22
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
domarinさん 所有物   読み終わった 

大規模クロスオーバーイベント、『シビル・ウォー』の補完となるクロスオーバー作品。公式に、「シビル・ウォーのもう一人の主人公と言える」とされるスパイダーマンについて描かれた作品だけあって、シビル・ウォーをより深く楽しむにはぜひ読んでおきたい一冊である。

超人登録法を「法律」としてとらえ、またヒーローとしての「道徳心」を持ちつつも家族を守るためにどうしていいか揺れるその姿は、「ヒーローであり市民である」身として描かれている。両陣営の指導者であるアイアンマンとキャプテン・アメリカはどちらも、どうしても「一般市民」の枠組みを外れてしまう。そのことがシビル・ウォー本編のストーリーラインを暴走気味に見せてしまうのだが、スパイダーマンの視点はそこにバランスをもたらしてくれる。シビル・ウォーを深く楽しむにはぜひおすすめしたい一冊だ。

結果選択したほうが正しく見えるので、ややキャプテン・アメリカ寄りの描写になってしまうが、スパイダーマンだけでなく様々なヒーローの心情描写の補完になるのも優秀な点だ。スパイダーマンの軽妙さがほとんどないが、シリアスな作品だから仕方あるまい。

レビュー投稿日
2015年8月26日
読了日
2015年8月23日
本棚登録日
2015年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アメイジング・スパイダーマン:シビル・ウ...』のレビューをもっとみる

『アメイジング・スパイダーマン:シビル・ウォー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする