屍鬼も怖いけど、人間も怖い。なんていうと在り来りで面白くない感想ですが、あの女な火を放ったあたりでああこの村はこうやって死ぬんだなって。
沙子と室井さんの最後はちょっと不服なところもあります。やっぱりなんか、ずるいと言うか、勝ち逃げというか。ていうと、、「何に対してですかね?」ってなるんだけどさ。

2024年5月4日

読書状況 読み終わった [2024年5月4日]

色んな辛いシーンを耐えてきたのに、
ドライブインの母さんの話で涙が出た。
前田のもとこはどうしょうもないな、マジで。
お前も母親だろうに、母親だったろうに。
たえさんとかりっちゃんとか、自分を押えている人たちも狩らなきゃだめなのか。

あと1冊で…終わる?これ。
綺麗に終わる?

2024年5月4日

読書状況 読み終わった [2024年5月4日]

オヤジィィかっけええええ!
夏野くんすてきいいい!!!(血涙)

いよいよ全面戦争
もっと早くこうならなかったのかとか思うけど人ってこうだよね。坊さんにはガッカリだし、その父親にはさらにガッカリしたけど、人間ってこうなんだよね。

2024年5月4日

読書状況 読み終わった [2024年5月4日]

屍鬼なんか可哀想な生き物だな。

2024年5月4日

読書状況 読み終わった [2024年5月4日]

うそやん。ってめっちゃ言いながら読んでる。

2024年5月3日

読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

怖い、と同時にヤキモキする。

2024年5月3日

読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

まじかよ。
生きてる時とおんなじ感じなのかよ。
知性も何もかもないゾンビならいいのに。
ああ、まじかよ。

2024年5月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

怖くて苦しくて過呼吸になっちゃう。
屍鬼。
屍鬼、悲しくて怖い。なんなんだこれ。

2024年5月3日

読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

ああああああ、この雰囲気好きぃぃ。

まさお、きらぁぁいいいぃ。

2024年5月3日

読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

ああああああああああああっこわいっ!

フジリューといえば封神演義で心ガッチリ、あの独特かつ繊細な絵ね。短編も結構ファンタジックな感じだから、この屍鬼のじめッとぞわッと、この感じにこうマッチなさっていらっしゃるとは!

ヒロインっぽい子の早々の退場とか、独特の田舎世界観、すごい、いい。
この先が怖い。死の匂いつよい。

2024年5月3日

読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

二冊しか持ってなかったから電子で全巻購入したら、意外と綺麗にしっかり終わって、

びっくりしたさ!!

すごい濃度の高いギャグ漫画です、どこかスッキリしすぎた綺麗な絵と脳内再生余裕すぎるエヴァキャラ声に、たった五冊の本とは思えないくらい、いろいろ読み終わった後に疲れました。

いい漫画です。
ダメな大人しかいないから、自分はまだ大丈夫って思えます。

2024年5月3日

読書状況 読み終わった [2024年5月3日]

もう終わりだよこの家族


かわいい女の子の見た目に最高の吹き替えボイスがついて、超極悪殺人鬼エスター。人の心ないんか。いや、なかったわ。なかったよな。うん、久しぶりエスター。

ファーストキル〜初恋、おじさん趣味の目覚め〜
って感じ。
前作で父親狙いはやめろって思ったけど、こういう訳ね。殺人センス◎だけど、演技力とアンガーマネジメントに難がありますね。子供扱いされたくない、自由になりたい、恋をしたい、でも子供の振りをしないと自由になれない。
可哀想だ。まあ、同情しきれんけどな。

サイコにサイコを重ねがけしたイカれた映画でした。イカれたサイコ母とヤバい勘違いクソバカガキVS殺人鬼。熾烈な戦いと騙し合い。みんなクソ。一周まわってコメディ要素すらある。

ぐう聖アレンだけ、幸あれ。

2024年5月1日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2024年5月1日]

大切なものって失われる運命よ。

ペトラが美しすぎる。美しくて可愛くてハンサムすぎる。カミールも綺麗で可愛い。
サーカスの雰囲気や空気も好き。空中ブランコ普通にすごい。なんかもうすごい面白かった。

すごく嫌な奴が居ないのがいい。
なんだかんだ牧師も良い奴、サーカスの人たちもみーんないい人たち、カミールの彼氏もそう、なんならサーカスを抜けた女性と繋がり出来そうな気配。からのエンディングがハレルヤハレルヤできせきの復活って。

心が綺麗になる映画だった。

2024年4月27日

読書状況 観終わった [2024年4月27日]

昼はインプットと単純作業、朝は新しいアイデアを誕生させてアウトプット、脳に合わせて作業をかえてみるのが大事。

でもなあ。
これって顧客がいる企業的な話で、学校だと?って考えると、難しいなあ、無理やなあって思う部分もたくさんあって。
朝早く来たからその分早く帰れるかっていうと、そういう仕事内容でも業務量でもないからさ。

考え方を参考にしつつ、かなあ。

2024年4月13日

読書状況 読み終わった [2024年4月13日]
読書状況 読み終わった [2024年3月30日]
タグ

応援の気持ちでずっと発売してすぐに買ってたのに忙しくて読むのが遅くなってしまった。でも、いい最終回だったー。健康のありがたみとか、前向きでいることの大切さとか、考えさせられた。めっちゃ闘病生活辛かったし大変だったろうに、それをこんな笑い溢れるポジティブメッセージに替えられるの本当にすごい。
漫画としてとにかく面白いし、怒涛の展開(笑えないけど面白い)だし、随所のパロディも最高に好き。

作者さんにはずっと健康でいて、面白い漫画を描き続けて欲しいなって思う。

2024年3月28日

読書状況 読み終わった [2024年3月28日]

そこで終わるのかああああ。伯爵に同情した私も馬鹿だった。1ページ1ページが絵画すぎて、頭に情報がすっと入ってこないんよ。ゆっくり読まないと勿体ないというか、なんとも言えない読後感。

2024年3月28日

読書状況 読み終わった [2024年3月28日]

こんな青春がしたかった。
こんな青春をして欲しかった。

伊坂幸太郎とキングが出て嬉しい。
この本を読むと、読みたい本が増えるんだ。

2024年3月25日

読書状況 読み終わった [2024年3月25日]

貞子さんの新しい形。どんどん萌えキャラヒロイン面白ホラーゆるキャラみたくなってる貞子さんですが絶妙に可愛く、絶妙に怖く、絶妙に絶望的ないい塩梅の漫画でした。

2024年3月20日

読書状況 読み終わった [2024年3月20日]

なるほど。インザウッズって藪の中なのね。オシャレやねぇ。でもテレビの総集編感が強すぎて、知らずに映画館で見てたらちょっとガッカリしたかも。アマプラ視聴だからいいけど。

テレビ、というか出来事を時系列に振り返りつつ、登場人物がインタビューを受けて、実際は?を、少し説き明かす感じの映画だったと思う。
謎解き要素とか?あるのかな?ざっと見ただけだからあまりちゃんと考えられてない。

でも、あの子がちゃんと捕まって、柿花が活躍したみたいで、みんな無事で、ほっとした。

2024年3月20日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2024年3月20日]

見てほしい。アマプラで全話無料で見れる。無料で見れてありがたい。ありがとうございます。すごい面白かった。素晴らしい群像劇だった。

1話1話があっという間に終わる。
11話あたりで「え?」「ふぇ?」ってなって、そこから毎話、あああってなるシーンがたくさんあって。
点と点がポコポコ繋がるの、よくできているストーリだと思う。

たなかこわい。
花江さん、こんな役もしなさるんや、すごい。
芸人さんたちもすごい。

口開けて見てた。面白かった。

人間姿の納得みが、すごい。

2024年3月17日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2024年3月17日]

最後をぼかすのはちょっと珍しい終わり方だけど、緊張、ドキドキ、恐怖の緩急がさすが、面白かった。
アリス…。各キャラクターに味があっていい。この先、どうなるんだろう。そう思わせるリアリティがすごいなと思う。

2024年5月7日

読書状況 読み終わった [2024年2月7日]
カテゴリ S.キング
タグ

数年前発達障害の疑いがあると言われて、ADHDに対する印象が大きく変わりました。というのも、それまで私はADHDと言えば授業中に立ち歩き、気づいたら動かずにはおられない気質のことと思っていました。思考の多動、デイドリーマーといった心がどこかにいってしまう症状がADHDに起こると初めて聞かされて驚いたことを覚えています。

といういことで、太宰が好きなので興味津々で手に取った本ですが、前半はADHDやアスペルガーなどに説明を交えつつ太宰がどんな困難を抱えて生きてきたかが描かれています。後半は太宰の恋愛や死についての病理学的考察です。

前半を読んで思考の多動、夜泣きなど、自分との共通点を見つけて少し嬉しくなりました。笑
多情、心中、薬への依存に金遣いの荒さなど、太宰と言えば破滅的で自ら身を滅ぼしていった人間の印象が強いですが、この本を読むと太宰の生きづらさや苦しさや悲しさが身近なものとして迫ってきます。
ちょうど走れメロスの授業準備をしていたのですが、愛と真実を求めながら叶えられない、証明したい、その苦しさを改めて考えさせられました。
今後作品を読むとき、以前より深く考えて読めるようになりそうです。

2024年2月2日

読書状況 読み終わった [2024年2月2日]
カテゴリ 太宰治
ツイートする