マッキンゼー ITの本質 情報システムを活かした「業務改革」で利益を創出する

  • ダイヤモンド社 (2005年3月4日発売)
3.18
  • (3)
  • (15)
  • (34)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 196
感想 : 19
3

特に面白かったのは後半二つのインタビューだった。インタビュー対象のドイツ銀行とユニクロの話はもっと聞きたいと思った。

ITを経営に活かすための重要な点として共感したのは、以下です。
・事業の本質に根ざしたIT戦略を策定していること。その戦略が、差別化できているか吟味すること。
・ユーザ部門とシステム部門が密接になること
・ベンダに正しい目標、目的を伝えること
・主幹業務以外をアウトソーシングし、スリム化することで、コストカット、深いスキル活用による根本的な事業変革をする機会を得ること
・IT投資を事業価値に対する真の貢献度から評価すること
・まずは業務を理解し、業務プロセスの改善から入り、システムはsmallスタートとする。
・CIOとは、会社のミッションを日常業務に落とし込み、現場で、やらせること。現場を良い方向にどれだけ変えて仕組み化したかが問われる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ビジネス(IT)
感想投稿日 : 2015年1月1日
読了日 : 2015年1月1日
本棚登録日 : 2015年1月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする