ゆびさきの宇宙――福島智・盲ろうを生きて (岩波現代文庫)

4.56
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 11
著者 :
DoshiyoKanaさん  未設定  読み終わった 

「しさくは きみの ために ある」。
4歳で目の異常のために右目を摘出、9歳で左の視力も失う。14歳でこんどは右耳が聞こえなくなり、18歳ですべての音を奪われた、盲ろう者・福島智。
盲ろうになった直後、失意のうちにあった福島に対し、その手のひらに盲学校の友人が、指先で一文字ずつ書いてくれた。
「思索は君のためにある」。
友人のこのあたたかい言葉が、どれほど励みになっただろう。
福島は、現在東京大学で教鞭を執る。研究分野は「バリアフリー」。思索は続く。

光もなく音もない。宇宙空間に放り出されたようなものだ。自分の存在意義を考えずにはいられない状況だ。
そんな彼だから言える「生きることが最大の仕事」という言葉が心に響く。多くの人に届けたい言葉だ。
しっかり生きたその足跡こそが後世への最大の遺物になる。ぼくもあなたも。

レビュー投稿日
2017年10月5日
読了日
2017年10月5日
本棚登録日
2017年10月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゆびさきの宇宙――福島智・盲ろうを生きて...』のレビューをもっとみる

『ゆびさきの宇宙――福島智・盲ろうを生きて (岩波現代文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする