格差社会スパイラル コミュニケーションで二極化する仕事、家族

3.00
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 11
ひろさん 世界を読み解くための本   未設定

ある種科学的でないとんでも本。
でもそうだよね、と思わせるだけの説得力はある。印象にのこった話をいくつか。
人間にとって人間は味方であると同時に一番の敵であり、それを見極めるために脳は発達する。すなわち脳はコミュニケーションにより発達する。
よってコミュニケーション能力の差が人生に格差をつくる…と。でさらにはそうした格差は固定化する。なぜならコミュニケーション能力のない人はコミュニケーション能力のある人をそだてられないから。また、めぐまれない境遇で単純労働にいそしむ人を支えているのは夢である、とも。期待がなければ人は努力しなくなってしまうのだ。
それ故現代、はモノではなく幻想にお金を払う時代なのである。

レビュー投稿日
2007年6月3日
本棚登録日
2007年6月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『格差社会スパイラル コミュニケーションで...』のレビューをもっとみる

『格差社会スパイラル コミュニケーションで二極化する仕事、家族』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする