The Crown of Violet: 1000 Headwords (Oxford Bookworms ELT)

3.11
  • (0)
  • (4)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
著者 :
制作 : JohnEscott 
kabochaさん 洋書 多読用 レベル3   未設定

古代ギリシャ、アテネに住むAlexisは、ソクラテスの思想に惹かれていた。
しかしソクラテスの思想は、アテネの市民に危険視もされていて、敵も多かった。
そこでAlexisは、ソクラテスの思想を皆に理解してもらう為の演劇の脚本を書き、演劇祭に応募することを思いつく。
一方、ふとしたことから、Alexisはアテネの民主主義を覆そうとする暴動の計画を知ることになり、その証拠を掴もうとするのだが…

当時のアテネの民主主義や、女性蔑視の状況、演劇がどういう意味合いのものだったのかとか、お金持ちがそれを支援する仕組みとか、そういったものが、子どもの目線で書かれていて、解りやすくておもしろかった。

レビュー投稿日
2009年2月4日
本棚登録日
2009年2月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『The Crown of Violet:...』のレビューをもっとみる

『The Crown of Violet: 1000 Headwords (Oxford Bookworms ELT)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする