Pioneer Summer: Prairie Skies (Ready-for-Chapters)

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
制作 : Patrick Faricy 
kabochaさん 洋書 多読用 レベル3   未設定

1850年代、アメリカは、ミズーリ協定によって奴隷制度を実施する州と自由州に分けられていた。
しかし、新しくカンザス州、ネブラスカ州ができることになり、選挙によってその州がどちらに属するかを決めることになったため、奴隷制度が北部に広がる危険性がでてきた。
奴隷制度に反対するCharlieのお父さんは、奴隷制度の拡大を防ぐため、他の奴隷制度反対運動の仲間たちと共にカンザス州に移住することにした。
Charlieは、大好きな故郷を離れ、お祖父さんとも、歳をとった愛犬とも解れて、見知らぬ土地に行くのは嫌だった。

なぜか、女の子が主人公のものが多いような気がする開拓時代ものの、男の子版。
シリーズの第1巻のようで、本当に始まりの部分という感じ。
でも、奴隷制度というテーマがしっかりあるから、話は結構充実してた気がする。

レビュー投稿日
2009年2月4日
本棚登録日
2009年2月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Pioneer Summer: Prai...』のレビューをもっとみる

『Pioneer Summer: Prairie Skies (Ready-for-Chapters)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする