その場がど~んともりあがる雑学の本 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 1
3

知識欲ってのは素晴らしいと思うのだけど
素晴らしいと思わない人に素晴らしい意味を伝えることってむずかしいよね。

さて、いくつかピックアップ

・何度聞いても忘れるメモ
モジャコ ツバス ハマチ メジロ ブリ(関西)
ワカシ イナダ ワラサ ブリ(関東)

・慶事には少なく、弔事には多く
と昔からいわれますがとありましたが、
最近はそんなことないですよね?
どういうことなんだろう。
大黒柱が不在になり、残された遺族の生活の為という
意味合いもあったようですが、
私のイメージとちがうんですよね、
いつから変わったんだろう。

・左ハンドル車のいわれは、
右側通行だからということではなく、
昔はシフトチェンジが難しく、
右ハンドルだったが右シフトが始まり
車の構造が難しくなるので左ハンドルに変えた。

・炊くは
火と開けた口と人
しゃがんで火を吹くことが炊く、なるほど

・子育てはお金の教育から(邱永漢著)
を古本で探すと。

・蔵書票とか家紋とか花押的なものが欲しいな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: はっはっはな本
感想投稿日 : 2013年3月6日
読了日 : 2013年3月6日
本棚登録日 : 2013年3月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする