外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

3.70
  • (71)
  • (186)
  • (132)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1329
レビュー : 166
著者 :
mekeさん  未設定  読み終わった 

実体経済とはかけ離れたところでお金を動かしているだけの金融業界は、何も生み出さないくせに金だけ儲けてその上失敗しても血税で救済される企業倫理もクソもあったもんじゃないまさにウンコだと思っていたけど、これを読んで分かったのは金融業界は想像以上にウンコだったということ。
この本を読んで思ったのは、知性と品性はまったくの別物であるということ。
この本の著者は、知性はあっても品性はないです。
金融業界ってそういうものなのかも。

レビュー投稿日
2014年5月18日
読了日
2014年5月18日
本棚登録日
2014年5月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレ...』のレビューをもっとみる

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする