蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1953年6月30日発売)
3.29
  • (119)
  • (285)
  • (688)
  • (123)
  • (23)
本棚登録 : 3938
感想 : 455
3

青空文庫と古本で購入した新潮文庫を並行しながら読了。
戦中という時代の中、資本家と労働者との対立は先鋭化していた。その後、日本は戦争に敗れ、アメリカを中心とした連合軍の統治を経て民主化を果たす。一方、共産主義は、東欧・ソ連で崩壊した。中国の共産党は、西欧民主・資本主義社会にも増して、格差が進んでいるように思える。小林多喜二が目指した世界というものは、果たしてどういう世界だったのであろうか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2017年9月3日
読了日 : 2017年9月3日
本棚登録日 : 2017年9月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする