決断できる人は2択で考える (星海社新書)

著者 :
  • 星海社 (2013年4月26日発売)
3.03
  • (2)
  • (8)
  • (16)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 139
感想 : 27
5

この本を読んでいてわかったことでとてもためになったことがあった。

一対比較(二択)っていうのは、
「2つの中から1つのものを選ぶこと」ではないのだ、ということ。
「ある問題を2種類に分割して、どちらかを選ぶこと」なのだ。

例えば4つあるもの中から1つを選ぶとき、
まずは予選、次に決勝、みたいにしなきゃいけないわけではない。
3つが似ているのであれば、
・3つの中から選ぶ
・もう1つの方を選ぶ
の2択をまず考える。
その上でまたどれがいいかを、先ほどより少し細かく考えることができる。

シンプルな構造として問題を捉えたり、自分を理解してやることは結構難しい。
でも、この本はきっとそういった悩みの一助となってくれるはずだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 教養
感想投稿日 : 2014年2月2日
読了日 : 2014年2月2日
本棚登録日 : 2014年1月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする