魔法のコンパス 道なき道の歩き方

4.15
  • (173)
  • (158)
  • (81)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 1510
レビュー : 187
著者 :
もりっちーさん  未設定  読み終わった 

酒に任せた書きなぐり

はねトびでの著者のスタンスがとても心にキた。自分のポジションに一生懸命で、それが番組のためになると信じてやりきる姿勢。結果として番組のためになったものの自分のためにならなかった部分。

自信が無かった大学生の頃の私は、いつも誰かの真似をして生きて来ていた。振る舞い方やしゃべり方も真似をした。働き方も、常に誰かから求められる姿勢を貫いた。私がこう働くことによって周りの役に立つから、と。どれだけ自己犠牲が発生しても、不幸せでも、周りの価値観に合わせて「そうすべきだ」と考えれば、自分の感情を顧みず生きてきた。
誰かの真似をしたり、自分が不幸せでも周りのためにと働いたり。それは本当の自分をさらけ出す勇気がなかったということだと思う。
誰かの真似をした自分を否定される方が、本当の自分を否定されるよりよい。
自分がしたいことをして批判されるくらいなら、周りの要求に合わせたスタンスを取った方がよい。
どちらも他人評価本位で、自分を隠してしまっていた。そんな自分と、番組のためにと周りを引き立たせる役割をしていた西野さんが重なった。

レビュー投稿日
2017年10月21日
読了日
2017年10月22日
本棚登録日
2017年10月17日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』のレビューをもっとみる

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする