メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)

4.06
  • (175)
  • (187)
  • (90)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 1588
レビュー : 143
著者 :
もーりすまりーなさん SF小説   読み終わった 

伊藤計劃は本当に惜しい。近未来のミリタリーSFとか暗い感じのSF書かせたら右に出るものはいないんじゃなかろうか。前の虐殺器官は終わりにちょっと「?」って思ったけどこっちはすべてしっくりくる。

しかし、メタルギアシリーズって複雑だ。ゲームやっただけじゃわからん。活字化されて初めて頭で整理できた。
最初から最後まで「敵」だったリキッド、ソリダス、オセロットには彼らなりの思惑と正義があって最終的に帰結する目的はソリッドと同じものに落ち着いたという皮肉。こういう理不尽さみたいなものを描くのが本当に巧かった。

レビュー投稿日
2011年12月24日
読了日
2011年12月24日
本棚登録日
2011年12月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ ...』のレビューをもっとみる

『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする