ふたりは同時に親になる: 産後の「ずれ」の処方箋

著者 :
  • 猿江商會 (2017年12月14日発売)
3.91
  • (24)
  • (29)
  • (17)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 297
感想 : 38
3

2歳と0歳の母です。
産後、夫にイライラすることが増えたのですが、なんで自分はこんなに腹が立っているのか、自分でもよくわからないことも多々。
この本は、そんな「よくわからないイライラ」について、なぜ腹が立つのか、言葉にしてくれています!個人的には1、2章が面白かったです。「赤ちゃんの泣き声は、ようやくママが確保した細切れの日常を、容赦なく「強制終了」させてしまう」という文章に、わかってくれてありがとうと言いたくなりました。
後半は、夫婦で産後を上手くやっていくための傾向と対策でしたが、こちらは割と普通の内容でした。
夫の気持ちが分かるかな?とも期待していましたが、あまり読み取れなかったので、総合的には星3つです。

読書状況:いま読んでる 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年9月10日
本棚登録日 : 2021年9月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする