新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)

4.14
  • (63)
  • (59)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 623
レビュー : 57
制作 : 山室 静  冨原 眞弓 
さしみさん 児童書、図鑑。   読み終わった 

新装版で再読。


深夜に目が覚め、家中をうろうろしてみても家族はみんな寝静まっていて、強烈な孤独感と恐怖がある。

そんな誰もが覚えのある幼児体験を描いた本作。分かるなあ!ムーミンの気持ちが!
「母は自分のためならなんでもしてくれる」と信じ込んでいる幼児にとって、自分が一人で寂しがっているのに眠り続ける母は驚きですよね。冬のムーミン谷もとても良かった。

ムーミンママの愛!
引用文にも書いたが、なにがあっても起きなかったママがムーミンの辛そうなくしゃみ一回でパッと目が覚める!ううむと唸るシーンだ。

レビュー投稿日
2012年2月6日
読了日
2012年1月
本棚登録日
2011年11月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)』にさしみさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする