新潮 2016年 11 月号 [雑誌]

3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
ゑこびすさん 雑誌   読み終わった 

第 48 回新潮新人賞発表。
受賞作は 2 作品。どちらも高レベルだ。
鴻池留衣さんの「二人組み」。シンプルな構成で読み手をドンドン引っ張ってゆく筆力はすごい。
古川真人さんの「縫わんばならん」。個人的な好みは断然こちら。
川上未映子さんの選評で“退屈に思えたリフレイン”
中村文則さんの選評で“最初と次の章はとても退屈でしんどいものがあり”
と言及されているが、うーん、そうかなあ?ひきこまれたけどなあ。
とにかく将来性が恐ろしくある人だと思う。
滝口悠生さんの「茄子の輝き」。なんか既読感がと思ったら、
「新潮」2016 年 7 月号の「高田馬場の馬鹿」の変奏?連作?
そういえばさっきの「縫わんばならん」の第 3 章は滝口さんを連想した。
それなら「二人組み」は綿矢りささんを連想?どうでもいいけど。
第 24 回萩原朔太郎賞発表。受賞作は日和聡子さんの「砂文」。誌はわからない。
小野正嗣さんの「東京スカイツリーの麓で-あるコンゴ人難民の受難の物語」。
日本は難民認定が非常に困難な国だとなんとなく知っていたが、
具体例を語られると非常に胸が痛い。
佐々木敦さんの「見えないものと見えるもの-黒沢清『ダゲレオタイプのおんな』論」。
『文學界』2016 年 11 月号で黒沢清さんのインタビューを読んだばかりなので、
この映画観たくなった。

レビュー投稿日
2017年4月25日
読了日
2017年4月25日
本棚登録日
2017年4月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新潮 2016年 11 月号 [雑誌]』のレビューをもっとみる

『新潮 2016年 11 月号 [雑誌]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする