ひび割れた日常——人類学・文学・美学から考える

  • 亜紀書房 (2020年11月18日発売)
3.50
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 5
4

人類学者・小説家・美学者によるリレーエッセイ。コロナウィルスをきっかけとして、人間と自然の関係を考える。オンライン授業の広がりで、仕事を持った社会人学生が、必須科目を受講しやすくなったという話を聞いたことがある。視点が違うとマイナスもプラスに転じる。振り返ってみると、コロナウィルス感染の蔓延に脅威は感じても、ウィルスそのものに怒りはない。結局、苛立つ原因は人間側の言動に対してだなと改めて思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2021年
感想投稿日 : 2021年9月23日
読了日 : 2021年9月23日
本棚登録日 : 2021年9月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする